おがのブログ

FX 読書 ゲーム好きの高校生がいろいろ書いていく。

国公立大学合格を目指して!#12「数学-青チャートを買いました!」

こんにちは!!今回は、数学の青チャートを買いましたというだけの報告です笑

 

私が志望する学部は経済学部で、文系の学部なのですが、数学を使って受験しようと思っているので「青チャート」を買いました。

 

さっそく、期末テストが終わったので、1週間くらいかけて数ⅠAのチャートを150ページくらい解いてみました。解いてみた感想としては、評判通りとてもいい教材だったと思います。基礎の範囲から入試レベルの範囲までのっていてとても使いやすいものでした。

 

因数分解みたいな、簡単な範囲でも応用のレベルになると意外と解けなかったりしてやり応えがあります。

 

まだ、半分も終わっていないのですが、数ⅡBの範囲も含めて夏休み前には1週目を終わらせたいと思っています。なので、この春休みを有効に使いたいと思います。

 

今回は、短いですがここまでです。

見ていただきありがとうございました!

 

改訂版チャート式基礎からの数学1+A

改訂版チャート式基礎からの数学1+A

 

 

 

チャート式基礎からの数学2+B―新課程

チャート式基礎からの数学2+B―新課程

 

 

 

FXで稼げるようになるために#2「マインド(精神)について」

こんにちは!!前回は、「通貨ペアをしぼる事について」というタイトルで話を進めました。まあ、簡単に言えば「通貨ペアは1つにしぼろう!」という内容です。

↓↓

 FXで勝てるようになるために#1「通貨ペアを絞る事について」 - おがのブログ

 

今回は、「相場に向き合うためのマインド(精神)」について話していこうと思います。今回も前回と同様に注意書きを書かせていただきます。

 

 注意!!

 FXや株など、投資の世界において、自分のなかに「無駄」な情報を入れるということは、あなたにとって有害である可能性があります。

 

 もし、読み進めているうちに、このブログで話している内容が自分にとって無駄であると感じたのであれば、すぐにブラウザバックしてください。

 

 目次

  1. マインドの定義
  2. 「どのように勝つか?」ではなくて「どのように負けるか?」を意識しよう!
  3. 絶対はないということを心にとめておこう!
  4. 私たちはただ優位性にかけているだけである
  5. トレードに対する一貫性を持とう!
  6. 相場を恐れるな!

 

 

1.マインドの定義

最初に、簡単にマインドの定義をお話しします。このページでのマインドの定義とは、

「相場に対する向き合い方や考え方。どのような精神でトレードに臨めば良いのか」

ということを指します。

 

私は、トレードで勝てるようになることに対して、「まずは、マインドから!!」という考えを持っています。

 

なので、今回の内容を良く考えながら読み進めてもらえばと思います。(文章は読みにくいと思いますが…)

 

 

2.「どのように勝つか?」ではなくて「どのように負けるか?」を意識しよう!

 私がFXを始めた当初、よく考えていたのが「どのように勝つか?」ということだったと思います。実際このように考えている人は多いのではないでしょうか?

 

「どのように勝つか?」ということも、トレードをしていく中では重要な事ですが、私がこれよりもずっと重要だと思っていることがあります。それが、「どのように負けるか?」ということです。これは、とても重要なマインドだと思っています。

 

どうして、このように考えるのかというと、リスク(損失)を容認出来るようにするためです。

 

ここであなたに質問です。

「あなたは本当にリスク(損失)を容認できていますか?」

 

私は、多くの人が、まだリスクをのめていないと思っています。というより、この言葉を本当に理解している人が少ないのではないかと思います。

 

もし、トレードで負けてしまったときに少しでも痛いなぁと思ってしまっていたのであれば、あなたが、まだリスク容認できていない証拠です。

 

このリスクを容認するために「どのように負けるか?」ということを考えます。損失が出て当たり前というような覚悟です。そうすることによって、あなたがリスクを容認出来るようになることに近づきます。

 

少し話は変わって、航空機のパイロットは海の上を飛ぶときに、近くに砂浜のある島がないか探します。そして、その島までの距離や航空機の高度、天候などを考慮して、その島まで飛べるのかを計算しながら飛行機を操縦すると聞いたことがあります。

 

これが本当かは知りませんが、まさにこのような感じでトレードに臨むのがよいと思っています。(パイロットは落ちるのが当然なんて考えてないですけどね笑)

 

何が起きるかわからない相場で、「どのように負けるか?」と考えることは、どんなことにでも対応出来る心の準備をするということに繋がります。

 

 

3.絶対はないということを心にとめておこう!

次に話すのは、相場に絶対はないということです。よく聞く話ですが、とても重要な事です。

 

チャートパターンやインジケーターのシグナルなどを見てエントリーやイグジットをする人は多いのではないでしょうか?

 

そして、エントリーをした瞬間、自分が思っていた方向と逆の方向に値が走って、この手法はダメだなと思ったりしたことはありませんか?

 

このように思っているうちは稼ぎ続けるのも困難です。手法の確立ですら出来ません。「絶対はない」ということが心に落とし切れていない状態です。

 

チャートパターンに絞って考えてみます。チャートパターンにもいろいろな種類があり、「ダブルトップ」や「ダブルボトム」、「三角持ち合い」など、トレンド転換やトレンド継続のサインとして使われます。

 

これらが以前見た物と全く同じ形をしているところを見たことがありますか?

 

ないでしょう。全く同じ形を形成するには、前回と全く同じ人たちが同じタイミングで同じポジションを持たなければ成立しません、つまり私たちが今見ているのは常に未知の世界なんです。

 

だからこそ何が起きるのかは誰にもわかりません。そこで私たちが賭けるのが「優位性」です。

 

 

4.私たちはただ優位性に賭けているだけである。

まずは、「優位性」の定義から説明します。

優位性とは、ある事柄が発生する確率が他の事柄が起きる確率よりも比較的高い状態」を指します。

 

つまり、私たちはただ確率の高い方に賭けているだけということです。もっと言ってしまえば、ただの確率のゲームです。

 

実は、何にも難しいことはやっていないんです。より単純に考えてください。「上にあがるか」「下にさがるか」確率的に考えるだけです。

 

残りの要素として、「どのように上がるか?」とか「どこまであがるのか?」というのものがあります。これらに関しても全く一緒で、確率的に優位性のあるところまであがる(さがる)、としか言いようがないんです。

 

だからこそ、自分で検証して、優位性のある手法を導き出さなければなりません。確率的に優位性のある物であれば必ずお金は増えていくはずです。

 

ここで注意しなければいけないのが「トレードの一貫性」です。

 

 

5.トレードに対する一貫性を持とう!

なぜトレードに対する一貫性を持たなければならないのか説明していきます。

 

まず、「トレードは優位性に賭けているだけである」というのは、分かってもらえたでしょうか?

 

優位性のある手法を導き出すことが出来たとして、もしそこで一貫性のないトレードをしてしまったらどうなるでしょうか?

 

もちろん、その優位性は無くなりますよね。なるべく優位性を保ちたければ一貫性を持つことが重要です。

 

何気に、一貫性を持つということが1番難しいかも知れません。ですが、トレードでいつもと違う行動をとってしまった時点で、そのトレードの優位性はなくなったのだと思ってください。

 

先ほども言いましたが、優位性のある物でありリスク管理もしっかり出来ていれば必ずお金は増えていくはずです。

 

 

6.相場を恐れるな!

最後に、最も重要なことです。相場を恐れないで下さい。相場は私たちに平等に稼ぐ機会を与えてくれます。

 

相場を恐れるということは、トレードに迷いが生じているということです。つまり、トレードに対するマインド(精神)が整っていないということです。

 

ぜひ、今回話したことをよく考えて、心に落とし込んでみてください。そうすれば、相場への恐れもなくなっていくはずです。そして、安定して稼ぐことが出来るようになると思っています。

 

 

今回の3行まとめ

  • どのように負けるか?を意識しよう!
  • 確率的思考で一貫性を持ってトレードしよう
  • 絶対に相場を恐れないで!

 

 

今回はここまでです。

見ていただきありがとうございました!

FXで稼げるようになるために#1「通貨ペアを絞る事について」

こんにちは!!今回から「FXで稼げるようになるために」というテーマで、話をしていこうと思います。

 

最初に注意があります。FXや株など、投資の世界において、自分のなかに「無駄」な情報を入れるということは、あなたにとって有害である可能性があります。

 

もし、読み進めているうちに、このブログで話している内容が自分にとって無駄であると感じたのであれば、すぐにブラウザバックしてください。

 

今回は「通貨ペアをしぼる」ということについて話していきます。

 

目次

  1. 通貨ペアをしぼるとは?
  2. どの通貨ペアにしぼるのか?
  3. 専門特化についての話

 

 

1.通貨ペアをしぼるとは?

FXを始めて、まず最初に考えなければいけないのが「通貨ペア」だと思います。通貨ペアによって様々な特徴があり、ボラティリティ(値幅)も違います。

 

私は、「通貨ペア」をしぼることが、FXで成績を残すための第1歩だと考えています。

 

では、「通貨ペア」をしぼるというのはどういう事かというと、初心者の頃は1通貨にしぼるということです。もし、ドル円だけやるのであればユーロ円やユーロドルなどの他の通貨ペアは一切見ないで下さい。

 

しかし、通貨の相関性についての話を聞いたことがあるという人もいるでしょう。確かに相関性のある通貨ペアというのがいくつかあります。実際にその事を使ってトレードをしている人もたくさんいます。

 

ですが、相関性を見てトレードをするというのは初心者向けではないと思っています。相場によって相関性があるときとないときがあるのですが、そこの見極めが初心者では難しく感じてしまいます。

 

もし、この「相関性をみてのトレード」をやっていて勝てていないのならば、1度忘れてしまった方が良いでしょう。もし相関性について頭に残った状態で取引してしまった場合、トレードに迷いが生じてしまうことがあります。

 

これが情報の有害性というやつです。

 

 

 2.どの通貨ペアにしぼるのか?

先ほど、通貨ごとに値動きの特徴があると言いました。では、どの通貨ペアにしぼれば良いのか話していきます。

 

結論から言えばどれでも良いと思います。1つおすすめすると「ドル円」です。

 

私もこの通貨ペアにしぼっているのですが、値動きも悪くなく、比較的馴染みの深いアメリカのドルと日本の円との取引ですから、為替に影響を与える情報も手に入りやすいという利点があります。

 

無駄に、トルコとか南アフリカの通貨にするよりはドル円だけにしぼるのが良いと思います。メジャーな通貨で行きましょう!!

 

 

3.専門特化についての話

なぜ通貨をしぼるということが、「FXで勝つ事が出来るようになるための第1歩なのか」という事の説明をしていきます。

 

通貨をしぼるということは専門を特化するということです。

 

どんなことにでも手を出して、成功を収めた人はいません。ウォーレン・バフェットやスティーブジョブズ、マイケルジョーダンは皆、自分のフィールドで戦って勝利をおさめています。

 

だからこそ、まずは通貨ペアを1つにしぼって、そこで勝てるようになりましょう。実際に、私も通貨ペアを1つにしぼってから成果が出るようになりました。その通貨ペアの値動きの特徴を掴めるようになったからかも知れません。

 

とにかく、自分の専門の通貨作って、それを特化していってください。絶対に成果が現れると思っています。

 

 

今回の3行まとめ

  • 通貨ペアをしぼろう!
  • おすすめはドル円
  • とにかく専門特化!

 

 今回はここまでです。

見ていただきありがとうございました!

 

part2はこちら↓↓「トレードに対するマインドについて話しています」

FXで稼げるようになるために#2「マインド(精神)について」 - おがのブログ

 

国公立大学合格を目指して!#11「やっぱり経済学部を目指します!!」

こんにちは!!前回、「経済学部」を目指します!!と言ったのですが、その経緯とこれからのことについて話していきます。

 

私はこの1ヶ月間良く考えてみました。

 

「本当に理系の学部に進みたいのか?」

「何がやりたい(学びたい)のか?」

 

私は今、高校で理系のクラスに属しているのですが、前にこのブログで

「理系のクラスを選択したのは、理系学部が就職に有利そうだから」と答えたのですが、実際は嘘です。

 

本当は、理系選択にしたのは私の将来の夢が航空機のパイロットになりたかったからです。しかし、ちょうど1年前に、私が軽い肺気胸になってしまって、身体検査で落とされるなぁと思ったのであきらめました。

 

この一年間、理系で学びたいことを探したのですが見つかりませんでした。別に好きでもない理系科目を大学に入ってまで勉強するのは嫌だったのと時間の無駄だと思いました。

 

そこで、今1番興味のある「経済」に焦点を合わせるようになったのが、私が「経済学部」目指そうと思ったきっかけです。

 

そこで問題になってくるのが受験科目です。

 

工学部を目指していた時と比べて、数学Ⅲがいらなくなりました。そして理科のなかでも2科目だったのが1科目選択になります。そのかわり地歴・公民から2科目取らなければなりません。

 

という感じです。

 

その結果、受験科目を考慮して、私でも手が届きそうで、問題なく通える大学を探しました。

 

まず、国立大学では、「埼玉大学」が見つかりました。関東圏の国立大学です。偏差値としてはさほど高くありませんが、国立大学なので今から勉強して届くかどうかはわかりません。

 

もう1つが「横浜国立大学」です。埼玉大学より偏差値が5以上高いので結構良い大学です。しかし、受験科目がうまくかみ合わないのが残念です。センター試験の社会科の選択で「現代社会」とかがあったら、この大学も良かったのですが…日本史Aとかもやりましたがもう1年もやっていなかったのであと1年でで取り戻せる気がしません。

 

併願の私立だと、GMARCHクラスにいくつか受けることが出来そうなのを見つけました。

私立に行くとしたら絶対にGMARCH以上には行きたいと思っているので、受験できそうな大学が見つかったのは良かったです。

 

親にも迷惑をかけたくないですし、もちろん目指すのは国立大学です。

 

こんな感じで、少しずつ受験できそうな大学を探していっています。

 

今回はこのあたりで終了です。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

国公立大学合格を目指して!#10「ひとまず期末テスト終了!!」

こんにちは!!このシリーズも今回で10回目です。というか、前回の投稿から2カ月近く経ってしまいました。

 

今回は、期末テストが終了したのと模試とかが少しの間ないので久しぶりに書いてます。

なので今回は最近の勉強の状況を報告したりします。

 

最近の平日の勉強量としては、1日約3時間くらいで、あと1年後に受験するには少し足りないなぁと自覚しております。

 

勉強内容は基礎的な所の復習を主にやっています。

 

前回から大きな進展もなくコツコツ勉強してる感じですね。どの教科を受験で使うのか?とか、併願校を受験するときの教科もいろいろ調べていたりします。

 

1つ、このシリーズを始めた当初と変わったことがあります。

 

1ヶ月ほど良く考えていたのですが、数カ月前に考えていた「工学部」にいくという言葉を撤回します。

 

私は、「経済」を学びたい!!

そうです、「経済学部」を目指します。

 

この話はまた今度しっかりと話そうと思います。でも、1年以上前から少しだけ経済に興味がありました。だから、この選択をしました。

 

なので、受験科目もいろいろ考えないといけないのですが、これで志望の学部を決めることができました。

 

あと、話しておきたい事というと、特にないので今回は短いですがこのくらいで終了します。

 

ここまで見ていただきありがとうございました!

2月は夏!!ニュージーランドに行ってきました。

こんにちは!!早速ですが、ブログの更新が1ヶ月ほど途絶えてしまいました。

 

この1ヶ月何があったというわけではないのですが、更新を休んでいた理由を挙げるとすると、2月の始めにマーク模試と記述模試の2つを受けました。そして先日、1週間程ニュージーランドに行っていました。

 

今回は、そのニュージーランドに行ったことを話そうと思います。

 

私は、ニュージーランドに行ったのは初めてだったのですが、とても良いところだったと思います。

 

2月である今は、日本だと冬の気温ですが南半球に位置するニュージーランドでは夏の気候です。しかし、日本の夏と違って気温もあまり上がらなくて夜や曇っていたり、雨が降っていたりすると長袖や羽織る物が必要になります。

 

晴れていると暖かくて半袖でいれる暖かさになります。でも日差しが強くてずっと日に当たっていると、正直暑いです。そして紫外線も日本の7倍あるそうです。

 

私が行ったときは雨と曇りが続いていて2日間位しか晴れの日が無かったのが残念でした。晴れていても突然雨が降ってきたりと、気候が不安定に感じました。運が悪かっただけなのかな?

 

そして、私が最初に行ったのは、ニュージーランドで一番の人口を誇るオークランドに行きました。


f:id:oga1999:20170226002109j:image

湾の奥に見えるのがオークランドです。日本の都市と比べるとはるかに小さい都市でした。ニュージーランド自体の人口が少ないので、オークランド中心地にいても狭く感じなかったと思います。

 

この写真を撮った日は、曇っていてドンヨリしたイメージですが。晴れている日だと、この湾の水が綺麗な青色でとても良い景色になります。

 

残念ながら、私は写真を撮る習慣がないので、晴れているときの写真はありません。良かったら探して見てはいかがですか?

 

オークランドの次に行ったのは、ロトルア湖というところに行きました。ですが、雨が降っていたのと、少しモヤがかかっていたのであまりよく見ることができませんでした。とにかくデカい湖なんだなぁ~みたいな感じです笑

 

そして私がニュージーランドに行って一番の印象に残ったのがワイトモ鍾乳洞というところの土ホタルを見たことです。

 

この土ホタルはグローワームといい、洞窟の中で青い光を放っているのを見ることが出来ます。鍾乳洞を歩いてまわってから、船に乗ってその土ホタルを見ることが出来ます。

 

ニュージーランドに行ったら絶対に見るべき所だと思いました。物凄い綺麗です!!

 

この他にも、羊のショーを見たり、マオリの伝統的な踊りのハカというのも見ました。

 

ニュージーランドは自然が多くて、町のなかでも芝生が多くて日本でもこれくらいあればいいのになぁ、というくらいでした。

 

しかしすべてが良かったというわけではありませんでした。料理に関しては、やはり日本の料理の方が食べ慣れているのもあっておいしいと思います。

 

マズい訳では無いんですけど、「1ヶ月ニュージーランドの料理を食べて生活をしろ!」といわれたらイヤですね笑

3日で日本のラーメンが食べたくなったので、1ヶ月は耐えられません。

 

ニュージーランドのスーパーマーケットにも寄ったのですが、海外だなぁ~という感じでした。何でもデカい!お菓子の色がヤバイ!スイーツはとにかく甘い!みたいな感じです。

 

海外のスーパーは見てるだけで楽しくなりますよね。私は、そういう所に行くと挑戦してみたくなるのでなんだか分からない飲み物とかを買ってしまいます。


f:id:oga1999:20170226010929j:image

ファンタの色自体も日本とは違いますが、本当にヤバイのはその隣の緑の奴です。ライムと書いてあって、飲み物の所に売っていたので思わず買ってみました。

 

ホテルに帰ってコップに出してみたらメロン味のかき氷のシロップみたいな色をしていました。しかし、もっとヤバかったのが匂いです。嗅いだことがあるような匂いなのですが、明らかに食べ物のにおいでは無い匂いでした。芳香剤とかそんなような匂いです。

 

匂いを嗅いだ瞬間「これ飲めないな…」って感じでした。躊躇しながら口に含んでみたのですが、すぐに口をゆすぐ羽目になりました笑

 

これがなんだったのか不明のままです。味が濃く感じたのでもしかしたらカルピスの原液的な物だったのかもしれないですね。

 

というよりこれがニュージーランドで作っている物なのかどうかすら確認してませんでした。もしかしたら他の国の物なのかもしれませんね。

 

ちなみに値段は、約4ドルで日本円にすると320円位ですかね……高い!!

 

是非見つけたら買ってみて下さい楽しいですよ。罰ゲームとかでどうですか?笑

 

ニュージーランドへの旅行は1週間位が良いかも知れませんね。ぶっちゃけニュージーランドはいいところなんですけど観光名所が多いというわけではありません。なのでさらっと観光したい人には良いのかも知れません。

 

ですがニュージーランドへの旅行はもっと深掘りすればより楽しくなるのではないかと思っています。例えば、ニュージーランドは鳥が有名なのでいろいろな鳥を見に行くとかいろいろあると思います。

 

私も、もう一度だけ行って見たことのない鳥とかを見てみたいなと思っています。

 

全体の感想としては、冒頭でも行ったとおりとても良いところです。治安も悪いわけではないしとても暮らしやすい気候で、自然がたくさんあります。

 

ニュージーランドに旅行に行くとしたらニュージーランドでの夏、日本の冬頃が良いと思います。今頃は基本的に暖かくて良い気候です。

 

ニュージーランドはとにかく自然の多いところです。大自然を満喫したいという方は、ぜひニュージーランドへ行ってみてはいかがですか?

 

今回はここまでです。

見ていただきありがとうございました!

 

私が初めてFXの存在を知った頃のお話

こんにちは!!今回はいつもと違って、私がFXを始めた当初(2年くらい前?)のことを話してみようと思います。

 

私が高校に入ってすぐのことでした。お金に関しては特に必要でも無かったのですが、なぜか自分で稼げるようになりたいと思ったんです。

 

しかし、学校自体アルバイトは禁止でした。それでも何か良い方法はないかと、ネットで調べているうちに「FX」というものがあることを知りました。

その後、FXについての記事をメチャクチャ読みあさりました笑

 

そこでこんな記事を見つけたのを覚えています。

 

「1万円から、月に10万円を稼ぐ方法!」みたいなタイトルだったと思います。

 

うろ覚えなんですけど、その中で

「1日に10回のトレード」「1回3分で30pips」みたいなことが書かれていたと思います。

 

今改めて考えてみると、つっこむ所しかないですね笑

勝率10割で3分で30pips伸びるところが1日に10回も!毎日300pipsとれたら既にプロですね笑

 

まあ、私はこれにだまされたというか勝手に信じちゃったんですけどね…

 

幸いなことに私は、デモトレードから入ったので実際のお金を失わずにFXの厳しさを知ることが出来ました。

 

しかし、このような「FXとか株とかはやれば儲けられる」とか「FXは簡単だからやった方が良い」と助長するような広告やネット記事は見ていて嫌ですね。この話は今度話したいと思いますが、私は良い物ではないと思っています。

 

始めた頃はそんな記事を読みながら、複利のことは知っていたので、机上計算で

「3年後には億万長者じゃん!!」

とか考えながら楽しんでた思い出があります。

 

最近は、トレードをしなくてもチャートを見ながら

「ここでは投資家のこんな心理が働いて売りが入ったんだな」

とか考えながら楽しんでます。

 

大学に入ったらトレードも再開しようと思っているのでそれまではガマンですね笑

 

それでは、今回はここまでです。

見ていただきありがとうございました!