読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがのブログ

FX 読書 ゲーム好きの高校生がいろいろ書いていく。

ニュージーランド固有のカカポという鳥を知っていますか?


f:id:oga1999:20161222032404j:image
こんにちは!!今回は「カカポ」という鳥について話していきたいと思います。

 

さっそくですが「カカポ」という鳥を知っていますか?

 

「カカポ」和名では「フクロウオウム」という世界最大のオウムです。ニュージーランド固有のオウムで重量が重く世界で唯一飛べないオウムです。

 

なぜ私がカカポの紹介をしているのかというと、約半年前にテレビの番組かなにかでチラッとカカポの紹介が出てきたときに自分がカカポに一目惚れしたからです笑

 

しかし、今カカポというのは絶滅の危機に瀕しています。ヨーロッパ人の移民によって連れてこられたネコやイタチなどの捕食動物がニュージーランドに入ってきたのと森の開発による環境破壊が原因で数を減らしたと言われています。

 

これに関して言えることはカカポだけが数を減らしたのではなくニュージーランド固有の動物が絶滅の危機にさらされました。

 

 

もう一つの原因としては生殖にあります。カカポは、約60年生きるほど長生きなのにも関わらず生殖期間が限られています。そして無事に卵を産めたとしても外敵によって捕食されてしまうこともしばしばあるようです。したがって数を増やすことは簡単なことではないのです。

 

そんななかニュージーランド政府はカカポを保護する計画を近年たてたのです。近年といっても自分が生まれる十数年前ですが…

これによって2000年頃から個体数を増やすことに成功しているようです。

 

実は私はまだ実物を見たことがありません。2月にニュージーランドに行くのですが予定的にも見ることはかなわないと思います。ぜひ時間のある内に会いに行きたいものです。

 

そこで私たちが出来ることは何でしょうか?

カカポたちを助けるには何をしたら良いのでしょうか?

私は、カカポについて知ってもらうのがよいと思いました。だからこのように、1日に数人しか来てくれないようなブログですけど、カカポについて紹介してみました。

 

ニュージーランドというのは特徴のある鳥が多いですよね。キウイなんかも飛べない鳥で有名です。皆特徴的ですけど絶滅の危機に瀕しているものが多いのが現状です。もともとニュージーランドには外敵も少なかったので独特の進化を遂げたものが多いようです。

 

その中でも私が好きなのがカカポでした。ずんぐりとした体でとても人懐っこくテレビで見た瞬間に思わず可愛いなぁと思ってしまいました。

 

そんなことからカカポを知ることが出来てよかったと思っています。

 

今回はここまでで終わりにします

見ていただきありがとうございました!

 

国公立大学合格を目指して!!#7 「模試の結果などが返ってきました」

こんにちは!!約1ヶ月間も更新を休んでいました…休んでた理由としては、期末テストがあったりいろいろ忙しかったのが挙げられます。まあ、テストが終わってから1週間の程経っているのですが…けれども前みたいな調子でやっていきます!

 

さて、今回は期末考査の結果と河合模試の結果がかえって来たので発表したいと思います。

 

まずは河合模試の結果から

英語の偏差値は55

数学の偏差値は53

国語の偏差値は45

 

という結果になりました…

完全に下がってます。これでも国語だけは上がってるんですけどね笑

 

英語と数学が少しづつ下がってます。特に数学がやばいと思っています。一応理系の大学に進みたいのに…

 

数学で点数が取れなかったところが大問1の小問集合です。大体高1の範囲から出ているんですけど、同じ位の学力帯で平均と20点くらい差があります。復習が足りないと言うことですね。

 

そして英語は文法問題と英作文が点数を落としている場所です。

国語に関しては古典漢文ですかね。古典漢文だけで配点の半分を占めているのですが、国語の模試200点中、古典の点数・5点 漢文の点数・0点 という点数です。ヤバいです。早く対策をしなければ!!

 

つづいては、期末考査の結果です。

 

国語演習…73点(平均69.5点)

コミュニケーション英語…53(48.2)

英語表現…41(62.3)

数2…54(53.2)

数B…53(55.0)

物理…45(52.2)

化学…58(63.3)

地理B…79(61.2)

現代社会…80(60.0)

保健…78(63.0)

情報…88(59.3)          

 

()内が平均点です。

 

だいたい平均くらいですかね。英語表現と理系科目が点数が低いです。英語表現は英語の文法問題と英作文のテストなので、河合模試と同様に点数が取れていないのがわかります。

 

実は現代社会は、経済の範囲だったのでテストを受ける前に9割取る自信があったんですけど、テストを受けてみて意外にも単純すぎて逆に分からない問題や「経済」という言葉の語源は?などと先生が授業でチラッと話していた内容などが出てきて、あまり思ったほどは取れませんでした。

 

次は全教科、特に理系科目は平均点を下回ることがないようにしたいです。

 

今回はここまでにします。

見ていただきありがとうございました!

国公立大学合格を目指して!!#6「11月21日~27日までの反省」

こんにちは!!先週は1回しかブログをあげられていないけれど早速11月21日~27日までの反省をしていこうかと思います。

 

実際あまり勉強時間には変化はありませんが休日に2時間しか勉強してないなど少しサボってしまいました。でも毎日続けられたのはよかったと思います。

 

あと2週間で期末テストなので、そちらに向けても勉強をしていかなければと思いました。今回の範囲で少しやばいと思ったのが、化学の反応速度から平衡状態の範囲ですかね。公式を覚えれば行けるのかな?ってところです。

 

そして物理の電磁気の範囲も難しいですね。問題を解くパターンがいろいろあってあまり得意ではないです。そして数Bの空間ベクトルの範囲も怪しいです。やっていることは平面ベクトルとほとんど変わらないのですが問題を解いているとなんだか頭が混乱してきます。

 

こうしてみると、理系科目がやばいですね。時間をかけて勉強していこうと思います。

 

今回は短いですがこれくらいで終わろうと思います。2週間後には期末テストなのでブログをあまり更新できないかも知れませんがよろしくお願いします。

 

見ていただきありがとうございました!

 

↓↓

国公立大学合格を目指して!!#7 「模試の結果などが返ってきました」 - おがのブログ

国公立大学合格を目指して!!#5「11月14日~20日までの反省」

こんにちは!!今回で5回目になりました。実際勉強を初めてからは2週間半程になりました。なので今回は、11月14日~20日までの1週間の反省をしていこうと思います。

 

大体平日は平均2時間、休日は4時間ほど勉強しているので 、今週は18時間ほどやっている計算になります。毎日英語と数学は1時間ずつやっていたのでそれぞれ7時間ずつになります。

 

英語はあまり達成感が無いのですが数学は「図形と方程式」という範囲をやりこんだので勉強した感があります。ですがまだ苦手な「三角関数」の範囲に手をつけられていません。

 

早めに対策をしなければならないので今週から本格的にやろうと思います。そして約3週間後には、期末考査があるのでそちらの対策も少しずつやっていければと思います。

 

英語はなぜ達成感が無いのかというと、問題集を1つ終わらせたのですが、自分の身になっているのか分からないところです。模試とかで実際に問題が解けるのかが心配です。

 

 ですが1つ身になったなぁと実感するものをあげると英熟語を覚えたのがよかったと思います。これはずっと続けていきたいですね。

 

そして、物理についても少しやりました。21日にテストがあるので「力学」の範囲を勉強し直しました。少しやり方を忘れている所があったので、復習が出来てよかったと思います。

 

そして、期末考査の物理の範囲が「電磁気」なのですが、結構苦手かも知れません…公式が多いし、同じような問題でもやり方が違ったりと、じっくり勉強していかないといけないと思いました。

 

もう一つ21日にやるのとは別の平常点に関わる物理の小テストがあるのですが、そちらは2週間続けて100点と86点で良い感じに来ているので、この小テストも利用して復習していきます。

 

他にも漢字の小テストとかの勉強もしたのですがいろいろあるので割愛します。

 

全体の反省としては、勉強時間は少なかったけれど質だけはよかったかなと思います。数学の三角関数とか、いろいろやらなければいけないことがあるけれど、期末考査が始まる前までにある程度復習しておこうと思います。

 

今回はここまでです。

見ていただきありがとうございました!

 

↓↓

国公立大学合格を目指して!!#5「11月14日~20日までの反省」 - おがのブログ

国公立大学合格を目指して!!#4「文理選択の失敗」

こんにちは!!今日(11/18)のドル円のレートが109円台半ばでトランプ氏が大統領に当選してから一直線でドル買いが進んでいますね。そろそろ一度下げてきてもいい頃かなとか思っているのでなかなかエントリーは出来ないんですけどね。

 

大統領選挙の前はトランプ氏が当選したらドルは売られると騒いでいましたが、完全に逆でしたね。まあこのまま上昇するのか、レンジを作るのかは分かりませんが周囲の言動には簡単にのるな!ということですかね。

 

この話はここまでにして本題に入っていきます。

 

私は今高校2年生で理系のクラスにいます。

高校1年のちょうど今頃に文理選択があるのですが、当時の私は理系なら就職に有利だという言葉だけで特に何をやりたい訳でもなく理系を選んでしまいました。

 

ちなみに私の学校では、文系・理系で分かれるだけでなく文系なら世界史・日本史・政治経済、理系なら物理・生物に分かれます。私は理系の物理です。

 

そして、高校2年生になって少ししたときに自分は何がしたいのか改めて考える機会があり、実際今私がやりたいことは理系の職ではなかったなと思いました。私は経済を学びたかったと言うことが分かりました。

 

実を言うと今学校に申請すれば文転出来るのですがせっかく1年間化学や物理を勉強してきてその時間を無駄にしたくないので文転は考えていません。

 

大学も私立の大学の経済学部なら数学・英語・国語・物理などで受けることが出来るみたいだからです。実際理系の科目で受けることは、どのくらいの難易度なのかとか倍率とかもまだ知らないのですが、理系の科目で受けられるということがわかったのでよかったと思います。

 

まあ第一志望は国公立大学の理系の学部なのですが…

 

私立大学の経済学部を受ける場合は、数学だと数ⅡBまでの範囲だそうです。もうだいたい学校での数ⅡBの授業は終わっているので、今はこの範囲を頑張って勉強していこうと思います。

 

私にとっての問題は国語ですけどね。何か良い参考書とか問題集を買ってやり始めた方が良いと思うので、いろいろ先生に聞いてみようかなと思います。

 

文理選択ってとっても重要なんですね。正直なめてました。受験は出来るので後悔はしてないんですけどね。とりあえず今は理系科目中心に頑張るしかないです。

 

ちなみに今のところ毎日決まった時間だけ勉強することが出来ています。当然なんですけどね。もう少しして慣れてきたら1時間ずつでも勉強時間を延ばして行ければと思います。もちろん効率を損なわないようにですけど。

 

今回はここまでにします。

見ていただきありがとうございました!

FX 連敗期を乗りこえる5つの方法

こんにちは!!今回は連敗期を乗り越える5つの方法というテーマで話していこうと思います。FXや株などをやっている人なら分かる人は多いのではないでしょうか?

 

私自身も10月中、約1ヶ月間負け越していました。いわゆる連敗期というやつで、実は10月は10pipsほど負けています。 普段はドル円でやっているのですが、その時は他の通貨ペアの過去検証やデモトレードをやっていたので調子が狂ったのかも知れません。

 

しかし普段通りにやっていても連敗期は来ることがあります。そんなときにどうやって連敗期を乗りこえるのか、自分の考えを5つに分けて話していこうと思います。

 

 

1.1週間から2週間ほどチャートから離れる

連敗期に陥ってしまう原因の1つとして自分のトレードスタイルが乱れてしまっているということが挙げられると思います。

 

そんなときはいっそのことチャートから離れて休むことが有効だと思います。負けが続いたことによって頭がその事でいっぱいになってしまって本来のトレードが出来ていない事があるからです。一度フラットな頭の状態に戻ってからまたトレードを始めれば良いのです。

 

 

2.一度デモトレードをやってみる

これは私自身が試していることの1つになります。上で書いたとおり連敗期を乗りこえるには一度頭を冷やす必要があります。そしてデモトレードによって自分のトレードのどこに乱れが生じているのかを発見できることに繋がります。

 

こうすることによって、トレードスタイルの見直しが出来て連敗期を乗り越える1つの方法になります。

 

 

3.ロットを下げてみる

これはひとつの手法になるのかも知れません。負けるごとにロットを下げて行けば損失金額も少なくなり負けたときのショックが少なくてすみます。そしてロットを下げて勝てるようになったのならば、そのロットが自分に合ったロット数だということです。

 

つまり高ロットを張る事へのメンタルがついてきていなかったということです。ロットを下げることによって自分の了解範囲内でのトレードとなり連敗から抜け出すことが出来るかも知れません。

 

 

4.ひたすら待ってみる

これは自分の鉄板ポイントが来るまでひたすら待ってみるということです。FXをやっていて今まで勝てていたのならば1つくらいは自分の鉄板ポイントと呼べるようなものがあるのではないでしょうか?

 

一度そこがくるまで待ってみてからエントリーすれば良いのです。普段ならエントリーしていたところも少しでも不安があるようなら見過ごしてみてはいかがですか?

 

 

5.あきらめる

結局は相場の流れで決まっていくのであきらめてしまってそのままトレードしても良いと思います。「相場は生き物だ!」という言葉があるように誰も今後がどのようになるのかなど分かりません。そこで大衆の心理を読み臨機応変に対応した人が勝ちます

 

もしかしたら相場の主導権が変わってしまっていてこれまでのトレードスタイルが通用しなくなってしまっているかも知れないので、そのことも視野にいれておかなければいけません。

 

 

まとめ

  1. チャートから離れる
  2. デモトレードをやってみる
  3. ロットを下げる
  4. ひたすら待ってみる
  5. 諦める

 

他にも良い方法があるのでしょうが、私はこの5つがよいと思いました。特にデモトレードをやってみるというのはおすすめです。実際何度も助けられているので…

 

やはり連敗期は冷静になるのが一番だと思います。

 

今回はここまでです。もし何かの参考になれば幸いです。

 

見ていただきありがとうございました!

国公立大学合格を目指して!!#3「使っている教材を紹介します!」

こんにちは!!今日は11月14日、今回で3回目です。 私が受験に向けて勉強をし出してから約2週間がたちました。平日は2時間以上、休日は3時間勉強するのにも慣れてきました。

 

もともと全く勉強してこなかったので最初は1日1時間やるのも大変でしたが最近では平日2時間やるのも全く苦ではありません。

 

そして、前回くらいに話した休日は4時間勉強するというのにも挑戦してみました。これは少し大変でした…

 

まあ本気で受験勉強をすることになったら1日4時間じゃ全く足りないんでしょうけど、少しずつ増やして行ければと思います。

 

そして今回のテーマに話をうつすと、今私が使っている教材を少しだけ紹介しようと思います。

 

まず英語は、「英文法レベル別問題集3」「頻出英語整序問題850」「Database4500」というものを使っています。

 

「英文法レベル別問題集3」というのはセンターの基礎レベルの文法の問題集でとてもサクサク進んで役に立っています。ちょっと説明の足りていないところがあるので参考書も必須ですが1冊がすぐに終わってモチベーションも維持できます。ちなみに私は一度終わらせたので間違ったところを解き直しています。

 

「頻出英語整序問題850」は整序問題だけを取り扱っている問題集で、自分にとっての難易度はとても難しいと思います。5問に1問正解していたら良い方です。解説も載っていて良いのですが、なかなか進まないのと不正解が続くのでモチベーションが下がり今は問題を解くのをストップしています。

 

「Database4500」というのは単語帳で、関連のある単語でまとめられて載っているのは良いと思うのですが少し使いにくいかなと思いました。まだまだ単語は覚えていないので毎日使っていこうと思います。

 

そして、数学の使っている教材は「サクシード」と「元気が出る数学シリーズ」です。

 

「サクシード」は学校で買わされたもので教科書傍用の教材です。問題の難易度も基礎の部分から応用まであり、普通に勉強するには良いと思います。まあこれをやるぐらいなら青チャートとかをやった方が良いとよく聞くのですが…

 

「元気が出る数学シリーズ」は、とてもわかりやすく書かれており、授業の予習とか、授業を聞いても分からなかったところの復習にとても向いていると思います。難易度は基礎レベルなので偏差値が55いっていない人には良いのかも知れません。

 

そして国語についてはまだ教材といったようなものは買っていません。何かよいものがあったら買おうと思います。

 

こんな感じで紹介して見ました。物理や化学は紹介できませんでしたが英語や数学の問題集はこのようなものを使っています。

 

人は何かしらを1ヶ月間つづけると習慣になるようです。毎日勉強するというのも1ヶ月間つづけると習慣になるんだと思います。勉強するのが習慣になってしまえば、毎日歯を磨くのと同じような感覚で勉強を続けられるのかも知れません。

 

この時点で2週間ほど続けているので、あと2週間続ければ習慣になるのでしょうか?それが知りたいのであと2週間は頑張ってみます。

 

今回はここまでです。

見ていただきありがとうございました!!

 

↓↓

 国公立大学合格を目指して!!#4「文理選択の失敗」 - おがのブログ