おがのブログ

投資 書籍 ゲームなどが好きな学生。いろいろなことに挑戦します!

マイケル・サンデルの「これからの正義の話をしよう」 僕が読んだ本の感想!

こんにちは!!今回紹介する本は、「これからの正義の話をしよう いまを生き延びるための哲学」という本です。この本は、ハーバード大学の教授であるマイケル・サンデルが著者である「JUSTICE   What's the Right Thing to Do?」という本を日本語訳した物になります。

 

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 この本を読んだ感想としては、「正義」について改めて問い直してくれる本で、読む前と読んだ後では価値観というかそれまでの考え方が変わるような良い本でした。

 

しかし、文章になれていないと内容も難しくボリュームも結構あるため読むのにかなり時間がかかってしまいます。実際に私は15時間くらいかけて少しずつ読んでいきました。

 

最初の方は比較的難しいということはないのですが、文章が進むにつれて難易度が上がっていく感じです。私自身哲学についての知識は全くなかったのですが、それぞれの言葉の説明もあり、哲学については問題なかったと思います。

 

そして内容としては、政治、道徳、市場、経済など多岐に渡っていて、それらの問題を哲学や道徳、倫理などを用いて、本当の「正義」について考えていく話です。

 

この本では「市場と道徳」という内容にも触れているのですが、もっとくわしい内容は「それをお金で買いますか」という本の中で書かれています。この本も丁度読み終わったので今度紹介しようと思います。

 

私が最初に興味を持ったのが路面電車の話でした。

少しだけ紹介すると、路面電車の運転手が運転中、線路上に五人の作業員が立っているのに気がつきます。しかし、ブレーキをかけても間に合いません。このまま行けば五人の命はないが、待避線に逃れればそこに居る一人の作業員の犠牲で済みます。あなたならどちらを選ぶのか?

 

この場合、ほとんどの人が待避線上に居る一名を犠牲にする選択をするようです。

 

では別の問題で、あなたが橋の上から同じ状況を確認したとします。隣には太った男が一人います。自分は体が小さいので電車を止められないが、隣の太った男を線路上に落とせば電車は止められます。この場合はどうするのでしょうか?

 

今度はほとんどの人が太った男を落とさない選択肢を選ぶようです。

 

しかし待避線に逃れるのも、太った男を落とすのも、一人の命を犠牲にして五人の命を救う事には変わりはありません。

 

というような究極の選択のようなことをいくつかの例を使って話を進めていきます。

 

私はこの本に出会えて良かったと思えるくらいに、この本というかマイケル・サンデル氏の虜になりました笑

まだ本当に理解していることは少ない気がします。なのでこれからも何度か繰り返して読むと思います。

 

今回は「これからの「正義」の話をしよう」という本の紹介をしました。ぜひ興味をもった方は読んでみてはいかがですか?

ちなみにこの本を読んだけれど内容がよく分からないという方はYouTubeなどで実際の講義の内容がアップされていると思うので、そちらをみると分かりやすいと思います。

 

では今回はここまでです。

見ていただきありがとうございました!

 

FX 目標を立てるなら緩く立てよう!!

こんにちは!!今回は「FXで目標を立てるなら緩く!」というテーマで話していこうと思います。以前、FXで目標を立てることは重要であると話しました。

FX 目標を持つことの大切さ - おがのブログ

これを読んでいただければ分かると思うのですが、私はFXにおいて目標を決めることはモチベーションの維持などに繋がって、スキルアップへの近道だと思っています。

 

なぜ緩い目標を立てるのか?

まず、緩い目標とは何なのか?ということから説明していきます。ここでの緩い目標とは、自分自身が達成できるであろうと思える難易度の目標のことを指します。自身の最大パフォーマンスの7割~8割くらいでしょうか?

 

例えば、自分自身が1日に最大で20pips取りたいのであれば、目標を14pips~16pips位に置くということです。

 

こうすることによって、目標を達成し易くなってモチベーションの向上につながります。FXはメンタルを保つことが大切だと思っているのでモチベーションの向上は、FXを続けるうえで最も大切だと言っても良いでしょう。

 

そして高い目標を設定して、その目標を達成するためにデタラメなトレードをするなどの無駄なエントリーを避けることが出来るでしょう。

 

FXなどでは、利益を増やすより損失を抑えることが重要だとよく聞きます。無駄なエントリーを減らすことができれば、必然的に損失を抑えることが出来るのではないでしょうか?

 

目標を立ててみましょう!

では実際に自身の目標を立ててみましょう。すでに目標を立てているのであれば良いのですが、もし目標を持たずにトレードをしているのであれば今すぐにでも目標を立てることをお勧めします。

 

私自身の考えですけど、目標は長期的に考えて、そこから逆算で立てていくのがよいと思います。例えば、

  1. 1年でどのくらいのpipsを取りたいのかを決める
  2. ÷12で月単位のpips数を求める
  3. 1日ごとのpips数を求める

というようにやっていくのが良いでしょう。

この時注意するのがこのページで話した通りに緩い目標を立てることです。自分では達成できないような高い目標を立てて、途中で挫折しては元も子もないでしょうから自分が達成できるような目標を立てるのがポイントです。

 

今回は、「目標を立てるなら緩く立てよう!」というテーマで話しました。ぜひ、まだ目標を立てていない方がいましたら参考にしてみてはいかがですか?

 

今回はこれで終了です。

見ていただきありがとうございました!

 

「アンソニーロビンズの自分を磨く」僕が読んだ本の感想

こんにちは!!ひさしぶりの本の紹介です。今回は「アンソニーロビンズの自分を磨く」という本の紹介をしていこうと思います。

 

 

アンソニー・ロビンズの自分を磨く (単行本)

アンソニー・ロビンズの自分を磨く (単行本)

 

 

この本は原書のAwaken the Giant Withinの後半を訳したものです。前半には「アンソニーロビンズの運命を動かす」という本が出版されています。前半の「運命を動かす」の方も読めば後半である「自分を磨く」の方の理解度も上がるんじゃないでしょうか?

 

実際、「運命を動かす」の方は私自身読んでいないんでわからないんですけど笑

「自分を磨く」の方をたまたま古本屋さんで目にとまったので買ってみました。

 

さっそくこの本の感想としては…

  • わかりやすい!
  • やる気が出る!
  • 実践しやすい!

という感じです。

 

これだけじゃわからないので1つずつ説明していきます。

 

1.わかりやすい!

まずは「わかりやすい」ということについて説明します。

 

この本は誰にでも読めるような「やさしい」文で書かれています。高校生の私にも理解できて、スラスラ読めるような文です。実際2~3時間もあれば読み終わる感じです。

 

そしてもう一つが筆者やセミナーに参加していた人たちの実体験などが書かれていたのも読みやすかった理由のひとつだと思います。

 

2.やる気が出る!

私はこの点が1番評価が高かった所だった思います。先ほど話したとおり、この本にはアンソニーロビンズ本人の実体験やセミナーに参加していた人たちの事も書かれていたので、私自身もいろいろなことに挑戦できるのではないかという思いに駆られるようになりました。

 

私にとって「やる気」を出させてくれるというのはとてもありがたくて、勉強などのモチベーション維持にはもってこいの本でした。

 

3.実践しやすい!

この本は、所々に自身が考えさせられる部分や、書き込みが出来るところがあって自分自身の信念などを書くことになります。そして最後の方に7日間チャレンジのようなものがあって1日ごとにやることが指示されます。これがこの本の面白い部分だと思いました。

 

少しためらうようなこともやらなければいけませんが、達成してしまえば大きな達成感がうまれること間違いなしです!

 

以上この3つが、私が持った感想です。

もしこの本を持っていて読んだけれど書いてあることを実践していないという人がいればすぐにでもやってみることをおすすめします。やらなければせっかくこの本を買った意味が無いですからね。

 

そして最初の方に前編である「アンソニーロビンズの運命を動かす」の方は読んでいないと言いましたが、ぜひ買ってみようと思います。私自身このような自己啓発本が結構好きなので今後もこのような本を紹介すると思います。

 

そして最後にこの本には「信念を持つこと」について書かれていて、自分の信念を10個書き出して順位をつけるということをやるのですが、私自身の信念を5つだけ順位づけして発表してみようと思います。

 

  1. 楽しむ
  2. 挑戦する
  3. 成長する
  4. 感謝する
  5. 学ぶ

というようになりました。なんだかきれいごとを言っているようにも見えますが、これが私がこの本を読んで持った信念です。これからもこの5つの信念を持ってやっていきたいと思います。

 

今回はここまでで終わりにします

見ていただきありがとうございました!

 

 

ブログや勉強やFXについて2016年を振り返る!!

こんにちは!!今回は今年最後のブログ投稿として2016年を振り返ろうと思います。

 

このブログについての振り返り

私は2016年の9月からこのブログを始めました。だいたい4ヶ月間くらいやっています。私自身ブログを書くのも初めてで文を書くのも下手なのですが、最近やっと文を書くのに慣れてきた感じがあります。(まだ文は下手ですが…)でも好きだから続けられたのだと思います。

 

始めた当初の9月の投稿数が23ということでほぼ毎日投稿しているのですが、10月と11月の投稿数は9ということで極端に減りました。そして12月はこの記事を入れて5つだけです。

 

少しずつ投稿間隔が空いているのがわかります。その結果、1日のアクセス数の推移が9月から11月までは良い感じに伸びてきていたのですが12月に入ってからは横ばいになっています。

 

横ばいでも良いのですが、せっかくなら数を伸ばしたいので3日に1回位のペースにしたいものです。もちろん私自身まだ学生でテストへ向けての勉強もしなければいけないので、自分のなかではブログの更新は二の次三の次くらいです…つまりこれからもゆっくりと更新していきます。

 

話は変わって、10月の終わりか11月の初め頃から「受験ブログに成りきれていない受験ブログ」を書いているのですが、そこでは気遣ってくれているコメントやアドバイスなどがとても心にしみて励みになりました。感謝しています。

 

 

勉強の振り返り

 もうすでに他のところで話しているのであまり話すことはないのですが、1つ言うなら少しサボってしまったところがあるのでそこがあまりよくないかなぁと思いました。

 

そして今はしっかりと基礎固めをやっていこうと思いました。残り約1年苦手な部分の克服や得意な分野を伸ばしたりと、頑張っていこうと思います。

 

 

FXについての振り返り

私はFXを初めてまだ1年半位の初心者ですが今年は大きく成長できた年だと思っています。収益も安定してきてリスク管理もしっかりと出来るようになりトレードスタイルも固まった年でした。

 

私のなかの今年のビッグイベントはイギリスのEU離脱とアメリカの大統領選挙でした。

 

もともと今年の初め頃から全体的に円高方向に進んでいたものにイギリスのEU離脱でさらに拍車がかかり、アメリカの大統領選挙でトランプ氏が選ばれたときにはさらに拍車がかかるのかなと思ったら逆で、今ではドル円などの通貨ペアではほとんど2016年の初め頃の価格帯に戻っているのが、相場の面白いところだなぁと思いました。

 

2017年は、トランプ大統領の元でアメリカとその諸外国がどうなるのか?とか、それについての為替への影響が気になります。まあ、来年はトレードするつもりはないのですが…

 

それより来年は本格的に受験生ということでやることをやっていきたいと思います。

 

最後のまとめとして、今年は自分の信念としての「挑戦」が出来たと思っています。自分の好きなことややりたいと思っていたことに挑戦できて充実した1年でした。

 

ここまで見ていただきありがとうございました!

2017年もよろしくお願いします!!

 

今後のAIによるFX取引について考えてみる!

こんにちは!!最近ネットなどで「AIによるFXトレード」についての広告を見たことはないでしょうか?私自身少し気になっていたので、今回はその事について話してみようと思います。

注意していただきたいのは、私自身FX初心者だということと、今回の記事では裁量トレードとどちらが良いとかいう結論は出しませんので了承願います。

 

 

さっそくですが本題に入ります。

まずはAIによるFX取引の利点について話していこうと思います。

 

今、AIというのは世界中で急速に発展していっています。例えばスマートフォンに搭載されていたり、囲碁のプロに勝利するという快挙を成し遂げています。そしてこのAIはFX取引や株式の取引にも応用されていっています。

 

私は、このAIによるFX取引の最大の利点は相場への恐怖などの感情が発生しないというところにあるのでしょうか?

 

AIでの取引というのは、ロジカルに相場を見てトレードをするときにAIなりの裁量を入れて取引をするのではないかと考えています。

 

ここまでは、なんら裁量トレーダーとやっていることは変わりません。しかし、AIというのは感情という概念がない(今のところはね?)という所が強みなのです。

 

私は、裁量トレーダーにとって最大の敵は感情やメンタル維持だと思っています。これらを克服して、そこに裁量を入れられるとしたら強いのではないでしょうか?

 

そしてAIの特徴といえば学習してくれるということも挙げられます。いわゆる「裁量」の部分に関わってくるのでしょう。リスク回避などをしてくれるのだと思います。

 

他にも、トップトレーダーと同じように取引をするシステムもあるみたいです。(あまり調べてないからよく分からない笑)まあ、この機能は今までのシステムトレードにあったものと、そう変わりはないものだと思っているのでスルーです。

 

次に欠点だと思うものを見ていきます。

 

AIでの取引における欠点はシステムトレード同様、機械にお金を預けるということです。システムトレードをしている方にとっては良いのかもしれませんが、私のように裁量でやっている人にとっては抵抗があるのではないでしょうか?

 

上辺(うわべ)だけならこのようになります。「AIが勝手に学習してくれるなら、俺たちやることなくね!!」ってくらい良いのではないでしょうか?

 

しかし、本質の部分はどうでしょう?

本当に勝てるのでしょうか?

 

私は、AIでの取引が今後、より普及しても必ず勝てるということはないと思います。FXに必ず勝てるなどない、ということは皆さんも分かっていると思います。

 

しかし、過去のチャートパターンをすべて暗記できる分だけ正確さも上がるというのは間違いないでしょう。

 

ここで疑問なのは「バランス」です。

どのくらいの割合でAIでの取引が市場に参入してくるのか?

AIでの取引による勝率やリスクリワードはどのくらいなのか?

私は、このバランスが保たれるのではないかと考えています。

例えば、AI取引でのリスクリワードがよかったとすると…

 

AI取引が多数市場に参入→AI取引による利益が減少→AI取引が一定数市場から撤退→利益が増加→AI取引が一定数市場に参入→…

 

 このようにある程度バランスよく固まるのではないかと考えています。この中に裁量トレーダーやシステムトレードが入ってくるので実際はどうなるかわかりませんが…

 

このようにまだAI取引がどのようなものかはわかりませんが「AI取引」「裁量トレード」「システムトレード」のどれかが消滅するなどということはないと思っています。

というより私は、利益率では裁量トレードが1番ではないかと考えます。(根拠はない!)

 

今現在AI取引が実装されている証券会社が何社かあるようですので、興味があったら調べてみてはいかがですか?

 

私自身とても興味があるので、ぜひこの事について意見を聞かせてくれるとうれしいです!!

 

では今日はこのあたりで失礼します。

見ていただきありがとうございました!

 

ニュージーランド固有のカカポという鳥を知っていますか?


f:id:oga1999:20161222032404j:image
こんにちは!!今回は「カカポ」という鳥について話していきたいと思います。

 

さっそくですが「カカポ」という鳥を知っていますか?

 

「カカポ」和名では「フクロウオウム」という世界最大のオウムです。ニュージーランド固有のオウムで重量が重く世界で唯一飛べないオウムです。

 

なぜ私がカカポの紹介をしているのかというと、約半年前にテレビの番組かなにかでチラッとカカポの紹介が出てきたときに自分がカカポに一目惚れしたからです笑

 

しかし、今カカポというのは絶滅の危機に瀕しています。ヨーロッパ人の移民によって連れてこられたネコやイタチなどの捕食動物がニュージーランドに入ってきたのと森の開発による環境破壊が原因で数を減らしたと言われています。

 

これに関して言えることはカカポだけが数を減らしたのではなくニュージーランド固有の動物が絶滅の危機にさらされました。

 

 

もう一つの原因としては生殖にあります。カカポは、約60年生きるほど長生きなのにも関わらず生殖期間が限られています。そして無事に卵を産めたとしても外敵によって捕食されてしまうこともしばしばあるようです。したがって数を増やすことは簡単なことではないのです。

 

そんななかニュージーランド政府はカカポを保護する計画を近年たてたのです。近年といっても自分が生まれる十数年前ですが…

これによって2000年頃から個体数を増やすことに成功しているようです。

 

実は私はまだ実物を見たことがありません。2月にニュージーランドに行くのですが予定的にも見ることはかなわないと思います。ぜひ時間のある内に会いに行きたいものです。

 

そこで私たちが出来ることは何でしょうか?

カカポたちを助けるには何をしたら良いのでしょうか?

私は、カカポについて知ってもらうのがよいと思いました。だからこのように、1日に数人しか来てくれないようなブログですけど、カカポについて紹介してみました。

 

ニュージーランドというのは特徴のある鳥が多いですよね。キウイなんかも飛べない鳥で有名です。皆特徴的ですけど絶滅の危機に瀕しているものが多いのが現状です。もともとニュージーランドには外敵も少なかったので独特の進化を遂げたものが多いようです。

 

その中でも私が好きなのがカカポでした。ずんぐりとした体でとても人懐っこくテレビで見た瞬間に思わず可愛いなぁと思ってしまいました。

 

そんなことからカカポを知ることが出来てよかったと思っています。

 

今回はここまでで終わりにします

見ていただきありがとうございました!

 

FX 連敗期を乗りこえる5つの方法

こんにちは!!今回は連敗期を乗り越える5つの方法というテーマで話していこうと思います。FXや株などをやっている人なら分かる人は多いのではないでしょうか?

 

私自身も10月中、約1ヶ月間負け越していました。いわゆる連敗期というやつで、実は10月は10pipsほど負けています。 普段はドル円でやっているのですが、その時は他の通貨ペアの過去検証やデモトレードをやっていたので調子が狂ったのかも知れません。

 

しかし普段通りにやっていても連敗期は来ることがあります。そんなときにどうやって連敗期を乗りこえるのか、自分の考えを5つに分けて話していこうと思います。

 

 

1.1週間から2週間ほどチャートから離れる

連敗期に陥ってしまう原因の1つとして自分のトレードスタイルが乱れてしまっているということが挙げられると思います。

 

そんなときはいっそのことチャートから離れて休むことが有効だと思います。負けが続いたことによって頭がその事でいっぱいになってしまって本来のトレードが出来ていない事があるからです。一度フラットな頭の状態に戻ってからまたトレードを始めれば良いのです。

 

 

2.一度デモトレードをやってみる

これは私自身が試していることの1つになります。上で書いたとおり連敗期を乗りこえるには一度頭を冷やす必要があります。そしてデモトレードによって自分のトレードのどこに乱れが生じているのかを発見できることに繋がります。

 

こうすることによって、トレードスタイルの見直しが出来て連敗期を乗り越える1つの方法になります。

 

 

3.ロットを下げてみる

これはひとつの手法になるのかも知れません。負けるごとにロットを下げて行けば損失金額も少なくなり負けたときのショックが少なくてすみます。そしてロットを下げて勝てるようになったのならば、そのロットが自分に合ったロット数だということです。

 

つまり高ロットを張る事へのメンタルがついてきていなかったということです。ロットを下げることによって自分の了解範囲内でのトレードとなり連敗から抜け出すことが出来るかも知れません。

 

 

4.ひたすら待ってみる

これは自分の鉄板ポイントが来るまでひたすら待ってみるということです。FXをやっていて今まで勝てていたのならば1つくらいは自分の鉄板ポイントと呼べるようなものがあるのではないでしょうか?

 

一度そこがくるまで待ってみてからエントリーすれば良いのです。普段ならエントリーしていたところも少しでも不安があるようなら見過ごしてみてはいかがですか?

 

 

5.あきらめる

結局は相場の流れで決まっていくのであきらめてしまってそのままトレードしても良いと思います。「相場は生き物だ!」という言葉があるように誰も今後がどのようになるのかなど分かりません。そこで大衆の心理を読み臨機応変に対応した人が勝ちます

 

もしかしたら相場の主導権が変わってしまっていてこれまでのトレードスタイルが通用しなくなってしまっているかも知れないので、そのことも視野にいれておかなければいけません。

 

 

まとめ

  1. チャートから離れる
  2. デモトレードをやってみる
  3. ロットを下げる
  4. ひたすら待ってみる
  5. 諦める

 

他にも良い方法があるのでしょうが、私はこの5つがよいと思いました。特にデモトレードをやってみるというのはおすすめです。実際何度も助けられているので…

 

やはり連敗期は冷静になるのが一番だと思います。

 

今回はここまでです。もし何かの参考になれば幸いです。

 

見ていただきありがとうございました!