読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがのブログ

FX 読書 ゲーム好きの高校生がいろいろ書いていく。

高校受験 偏差値を60以上にして志望校に受かる方法!その1


f:id:oga1999:20160912171720j:image

 

 

こんにちは!!今回でブログの記事を書くのが三回目になりました。

さて、今回は私が中学三年の二学期から受験勉強をはじめて偏差値50から受験期までに65まで上げた勉強法を2回ほどにわけて話していこうと思います。

 
対象者

 

  1. 中学生
  2. 偏差値60以下の方 
  3. 偏差値70前後の最難関校を受けようと思っていない方

 

目次

 

  1. 今の自分の分析をしよう!
  2. 志望校にあった科目を勉強しよう!
  3. 短所をなくすか長所を伸ばすか?

 

 

1.今の自分の分析をしよう!

 

さて、今から志望校に合格するために最初にしなければならない

「自分自身の分析」

 をしてみましょう!

そして、そのことについて紙などに書いていくといいでしょう。

 

分析と言ってもなにをすればいいのか?

 

分析とは自分のいまの状態です!!

自分のいまの偏差値が50なのか55なのか?

自分の得意科目は何なのか?苦手科目は何なのか?

一日の勉強時間が今までどのくらいでこれからどのくらいまで増やせるのか?

 などです!!

 

つまり今までの状態とこれからの勉強方法や目標なんかを紙やノートなんかに書いてみましょう!!

 

例えば、

「今の偏差値は50で受験期までに60まであげる」

「得意科目は国語で苦手科目は数学」

「今までの勉強時間は一日一時間だから一日三時間まで増やす」

 などです!!

とりあえず何でもいいから書いてみましょう

そこで書いたことがこれからの勉強法に繋がります!!

 

 

2.志望校にあった科目を勉強しょう!!

 次にするのは、それぞれ自分たちの志望校の受験科目を調べることです。

 

そして、その受験科目を中心において勉強スタイルを確立していかなければなりません。

 

例えば、公立高校を受ける場合

 主要三科目である国語、数学、英語の他に理科と社会が入ってきます。

そして、私立高校を受ける場合は主要な三科目だけである場合が多いです。ここに、小論文や面接が入ることがあります。

 

この2種類の高校には、それぞれ受験するときに有利にはたらくものと不利にはたらくものがあります。

 

例えば、英語が苦手だったとしましょう!

 

 公立の受験の場合は、五科目あるのでもし理科または社会が得意であれば英語の点数を理科と社会でバンカイできるかもしれません。

 そして、私立の場合だとそれができません。

ほかの国語と数学でカバーしなければなりません。

 

つまり主要三科目の中に苦手がある場合は、公立の方が有利に働く場合があります。

 

逆に、三科目が得意な場合は私立のほうが有利にはたらきますね!

私立の高校は英語や数学の配点を高くしてくれる制度があるところもあるので

 主要三科目を伸ばすことが重要になってきます!!

 

 

3.短所をなくすか長所を伸ばすか?

つづいては、先ほど自分自身の分析で得意科目と苦手科目を提示してみましたが

これからの勉強をして半年以内に偏差値を上げようとするとどうしても時間が足りなくなってきます。

なので、点数の上がりやすい科目を選択する必要があります。

 

たとえば、社会科や理科は高校受験では、人物名、年号、実験道具の名前や実験で起こる現象などの語を覚えるだけで偏差値65はいくでしょう!(計算問題もできることに超したことがないがあくまで偏差値60が目標なので…)

 

次に効率がいいのが英語ですね!

先ほどもいいましたが英語の配点が高いところもありますのでできるようになっておくのが有利でしょう。

 

次に国語です

国語に関しては古文が伸びる可能性があります。

しかし、現代文に関しては苦手な人は捨ててもいいでしょう。得意な方は強みにしてください!!

 

こんな感じでそれぞれの点数の伸びやすいと感じたものを書いてみました!!

これは、私が実際に受験勉強をしてみて感じたことなので、もしかしたら反対の意見の人もいるかもしれません。

 

ここで本題の長所を伸ばすのか?短所をなくすのか?ですが、私が一番効率がいいと思っている社会科と理科に関しては

苦手な人が勉強すると伸びやすいです

 

しかし、社会科と理科が得意で偏差値がすでに65にあるとします。ここでもっと伸ばそうと勉強してもとても効率が悪いです。

私もやりましたがそればかりに気をとられて他に手をつけられなくなります。

 

逆に、先ほども話しましたが国語は苦手から勉強してできるようになるためにとても時間を要すると言われています。しかし、一度コツをつかむと満点が取りやすい科目とも言われています。

 

英語と数学は特に積み重ねの教科だと思います。

これらができない場合は最低限偏差値50後半をとれるようにしておきましょう!!

 

ちなみに私は、国語と英語が苦手でした。

一時期偏差値40台をつけたこともあります…

でも、中学三年の時の国語と英語の担当の先生が先ほど述べた点数が上がりやすい部分を教えてくれたので何とか受験するときには50後半をつけることができるようになりました!!

そして得意だったのが数学と理科、社会です。

数学に関してはもとから得意だったのですが。

理科と社会は最初は偏差値55位でした。

でも、この教科も偏差値が上がりやすいだけあって、偏差値70前後まで上げるとこが出来ました!!(偏差値60後半は点数が上がりにくいので65超えたあたりからは点数維持でいいです)

 

ここまでが偏差値60まであげる自分なりの考えです!!

 

次はそれぞれの科目で具体的にやったことを話していこうと思います!!

 

読んでいただきありがとうございました!!

 

その2はこちら↓↓

高校受験 偏差値を60以上にして志望校に受かる方法!!その2 - おがのブログ