読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがのブログ

FX 読書 ゲーム好きの高校生がいろいろ書いていく。

原子力発電について勝手な解釈で書いてみる

ブログ 考え方 エネルギー


f:id:oga1999:20160912192744j:image

 

 

こんにちは!!前回、日本と世界のエネルギーについて書いてみました。↓↓

 日本と世界のエネルギーについて勝手な解釈で書いてみる - おがのブログ

今回は、私が小論文の中でも書いたのですが、原子力発電についての持論を話していこうと思います。

 

 

注意
  • 素人が書いています
  • 自身の勝手な解釈です
  • 文が下手です

 

では、原子力発電について話していきましょう。

 

原子力発電とは、原子炉の中でウランによる核分裂反応によって生じた熱エネルギーで水を蒸気に変えてタービンを回すというものです。

 

というのは、皆さんも知っていますよね。

 

今、日本では、この原子力発電をこの先も使うかどうかを慎重に決めているところです。

 

ここで、原子力発電のメリット・デメリットを書いていこうと思います。

 

まずは、メリットから

 

メリットとしてあげられるのは、

 

 などがあげられるでしょう。

メリットだけを見ると誰もが稼働賛成するのは間違いないでしょう。

電気が安くて環境にもよい技術的には、最高だと思います。

 

しかし、デメリットもともにみてみましょう。

  • 有害な放射性廃棄物が出る
  • 放射線への管理が大変
  • 事故が起きてしまうと周辺地域に甚大な被害が出る

 

 などがあげられるでしょう。

つまりリワード(メリット)に対してリスク(デメリット)が大きすぎるということです。

事故が起きてしまうと周辺地域に被害が出るということは、メリットで話した「補助金が出て周辺地域が潤う」や「発電量当たりの単価が安い」というものを遙かに超えてしまっています。リスクにリワードが追いついていないのです。

 

そして、事故が起きなくても有害な放射性廃棄物が出るということで、その廃棄物の処理方法を考えているそうですが、この先それじゃあだめだと思います。

 

結局は、他の発電方法に切り替えていかなければならないと思っています。

 

2011年の震災による事故から5年以上がたちました。一度は全ての原子力発電所が稼働をストップしましたが。今現在3つの原子力発電所が稼働しています。

 

わたしは、決して原子力発電所稼働には反対ではありません。

 

今の日本では、脱原発依存は、難しいのではないかと考えているからです。

 

もちろん科学が進歩すればそれも夢ではありません。

 

せめてあと何十年かは、このままが続きそうだと考えています。

 

ここで世界の原発について少しだけ話します。

 

今フランスでは7割以上の電力を原子力発電に依存しています。しかし、5割まで落とそうという発言があったそうです。

 

私は、電力供給を無理せずなせるのなら脱原発に賛成です。

 

世界でも脱原発が推奨されるというのは、いいことだと思っています。

 

世界中で原発依存が0パーセントになる時代が来るのでしょうか?きっとくると思います。

この先次世代エネルギーが絶対出てくると思っているからです。

 

最後に、

 

原子力発電を日本で行うことは、どれだけのリスクがあるか?

 

地震大国である日本でこの先何十年も無事故で稼働できるのか?

 

2011年の震災による事故から日本は何を学んで、何を世界に発信できたか?

 

私は、いろんな人にこれを考えてほしいです。今回はここまでです!!

 

見ていただきありがとうございました!!