読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがのブログ

FX 読書 ゲーム好きの高校生がいろいろ書いていく。

「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」 僕が読んだ本の感想

書籍 ブログ


f:id:oga1999:20160920014712j:image
こんにちは!!今回は、私が読んだ本の感想を書いていこうと思います!!

今回で2回目ですね。たまに読んでいてブログで紹介したいなと思うような本があるので、今後も同じような記事を書くかもしれません。

 

今回紹介するのは「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」という本を紹介しようと思います。

 

ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと

ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと

  • 作者: 鎌田洋
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2011/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 40回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

私は、ディズニーも好きだったので思わず買ってしまいました。表紙もかわいいですよね。

 

さっそくこの本の評価ですが、感動できるし為になる本だと思いました。

 

まず、ストーリーがいいです。4つの物語から構成されていて、仕事の大切さやサービスの心得などいろいろ学ぶところがあると思います。

 

なぜ、カストーディアルキャスト(清掃員)が今のディズニーリゾートでこんなにも人気の仕事になったのか?

その仕事のやりがいや生きがいなどを教えてくれます。

 

私は、この本を読んで人に喜んでもらうということの楽しさがわかりました。

 

ディズニーリゾートでは、毎日笑顔であふれてますよね。その裏では、気づかいやサービス精神というものがあるということです。

 

このように、感動する話の中に学ぶ事がたくさんちりばめられています。

 

そして、この本はディズニーリゾートについてより知っていると面白いと思います。

本の中でディズニーランドのエリアを描写する場面があるのですが、一度行っていると想像しやすいからです。想像できるとますます感動できるとおもいます。

 

そして、一度に読み切りやすいという点も良いと思います。ページ数としてはあまりありませんがよく書かれています。

 

このようにディズニーリゾートで影で働くカストーディアルや他のサービスをしている方々の力あってこその夢の王国だとわかりました。

 

そして、他の仕事の中でも生かせると思います。社会人やこの先就職する学生にも勧めたい本だと思いました。

 

発売日が2011年でこの本に出会うのが少しおそかったです。もっと早くから出会っていればまた少し変わっていたかもしれませんね。

 

この本のシリーズがいろいろ出ているそうなので今度買ってみようかなと思います。

 

今度ディズニーリゾートに行くときには、違う視点で見ることが出来そうです。ディズニーリゾートで働いているすべての人の心遣いを感じられたらなぁと思いました。

 

今回はここまでです!!

 

まだ、本の紹介は、慣れていないのですが、もっと上手く文を作って私が思っていることをそのまま伝えられたらなぁとおもいます。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!!

 

前回の本の紹介はこちら↓↓

 これを読めば伝える力がつく!?僕が読んだ本の感想 - おがのブログ