読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがのブログ

FX 読書 ゲーム好きの高校生がいろいろ書いていく。

FX初心者が手法を決めるのに読むといい本!? 僕が読んだ本の感想

こんにちは!!今回は、FX初心者が手法を決めるときにつかうといい本の紹介をしようかと思います。

今回紹介するのは、

「岡安盛男のFXで稼ぐ51の法則 (なかなか勝てない人のための本当の実戦力をつけるFXトレード教本)」という本です。

 

 

 

この本は、少し前に出版されたものなので情報が古く「これからの戦略」というところは使えなさそうですが、他のさまざまな手法の説明やFXについて、とてもわかりやすく載っているので初心者にはおすすめの本だと思います。

 

どれくらい初心者に優しいかというと、トレンドフォローとは何か、そしてそのやり方の説明など本当に初めての人でもわかるように書いてあります。

 

しかし、FXの実践経験があってもうすでに手法が固まっている人などある程度FXについての情報が頭に入っている人には必要ではないと思います。あまり大きな発見はみられませんでした。

 

なのでこの本は初心者や勝てていないときに自分の手法を変えてみようかなと思っている人に読んでもらいたいです。何かの気づきに繋がると思います。

 

そして、この本をお勧めするのはもう一つ理由があります。

この本に書かれている手法についてですがたくさんの種類の手法が書かれています。なのでこの中から自分で検証してどの手法が優位性が高いのか?どの手法が自分に合っているのか?を探すのに役に立ちます。

 

ここで注意してもらいたいのですが、たくさんの手法があるなかで初心者の方はどれをやって良いかがわからないと思います。

ここですべてをやろうとしても勝てないと思います。なのでこの中から1つだけ自分に合っているものを見つけるのがいいでしょう。

 

そして、この本は初心者がFXと向き合ううえでとても大切な心得などが書かれています。

どのようにして相場が動くのか?どのような心理が働くのか?通貨ペアでの強弱関係などが幅広く書かれています。

 

私が、興味をもったものが、稼ぐ人と稼げない人の違いという項目です。実際稼げない人がやってしまうような事が書いてありとても役に立ちます。

 

たとえば、最初に決めた損切りのラインをずらしてしまうとか、その損切りラインが近すぎて損切りが多発して損切り貧乏になってしまうなどです。

 

私も最初の頃は、もう少ししたら上がるだろうという根拠のない自信で損切りラインをずらしてしまって結局は損切りで終わるということをやっていたので、早めにこれはやってはいけないことだと気づく事が出来るのはいいことだと思います。

 

他にも初心者の頃にやってしまうようなあるあるネタが書いてあるので読んでみる価値はあるでしょう。(あるって言い過ぎた…笑)

 

まとめると…

  • 初心者に優しい
  • 手法が幅広く載っている
  • 手法を変えようとしているときに役立つ
  • 実践経験のある人には向かない
  • ディープには書かれていないが少し踏み込んだところまで書かれている。

 と、こんな感じになります。

 

ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

 

今回はここまでです!!

見ていただきありがとうございました!!

 

こちらもぜひ↓↓

 これを読めば投資で勝つためのマインドがわかる!? 僕が読んだ本の感想 - おがのブログ